Phytotherapy Home Spa Lawa

季節のプラン

立夏 5/5 ~ 5/20 頃

季節のメニュー

Spa Menu  60分 5,500

デコルテ~みぞおちにかけてを中心にトリートメント

〇緊張から解き放ち、呼吸を整えます

〇ストレスを感じ消化不良が気になる方へ

〇胸上部の筋肉を柔らかくほぐすことで、肩首や背中にかけての疲労もケアします

 

Home care

Aroma レモングラス+ティーツリー

空気清浄、呼吸器や消化器系の調整

❉アロマミストの作り方

15~20ml遮光用のスプレーボトルを用意します。

 ※エッセンシャルオイルは、プラスチックに溶ける成分が含まれます。
  ガラス製の容器がおすすめです。

スプレーボトルへ、エタノールを少々入れます。

お好みのエッセンシャルオイルを加え、良く混ぜます。

さらに精製水を加えて良く混ぜます。

簡単にアロマミストスプレーの出来上がりです。

 

エタノール、精製水、エッセンシャルオイルの量は、目的に応じてアレンジ可能です。

殺菌作用を高めたいときには、エタノールを多めに入れて作ることができます。

携帯用に持ち歩くことで、空気の清浄や、エアフレッシュナーとして、

いつでもどこでも植物の香りでリフレッシュ。とてもお勧めです♪

 

二十四節気 『 立夏 りっか  /5~5/20 頃 』

爽やかな風が吹く、五月晴れの季節です。

新緑が美しく、心地よい陽気で過ごしやすい気候です。

田んぼに水が入りカエルが鳴きはじめます。

5月5日の端午の節句では、菖蒲湯へ入る風習があります。

菖蒲湯には、疲労回復や精神安定、リラックス作用などがあるそうです。

立夏を迎えると、心臓や小腸の働きが活発になります。

動悸や頭のふらつきなども起こりやすい季節といわれます。

頭皮のマッサージや、栄養価の高い食事、丹田呼吸法などを取り入れましょう。

小満 5/21 ~ 6/5 頃

季節のメニュー

Spa Menu  60分 5,500

自律神経ケア

背中の脊椎ラインを中心に流すことで、自律神経のケアに繋がります。
お好みのアロマオイルの香りに包まれながら、ゆっくりとお背中全体を解してゆきます

〇眠りが浅いと感じるとき

〇なんとなく体調がすぐれないとき

〇自律神経のバランスを整え、コンディションを高めたいときに

 

Home care

Pose 胎児のポーズ 

夜ねる前におすすめのポーズです。

仰向けになり、膝を抱えます。

ゆっくり鼻から息を吸い、口をすぼめてゆっくり吐きます。

数回繰り返します。

頭をからっぽに、何も考えずにおこなうことも良いですし、

好きなことを考えながらおこなうことも良いでしょう。

優しい瞑想に繋がります。

日常のストレスと上手に付き合える、ポジティブな心身をつくります。

 

 

 

二十四節気 『 小満 しょうまん  /21~6/5 頃 』

命が次第に満ち、草木が茂ります。気温が上昇し、夏へ向かう季節です。

太陽や血液の“赤” 赤がキーワードの季節といわれます。
赤色の食材を食べたり、赤い持ち物を持ってみましょう。

赤がもつ“情熱的なエネルギー”とともに、自分の可能性を発揮できるよう目標へ向けて楽しみましょう。

老化の指標として、骨年齢・血管年齢・腸年齢が重要といわれます。

血管の健康には、この季節の養生が大切です。

血液の質を高め、血管壁、血管の管そのものを丈夫に保ちましょう。

薬、アルコール、カフェイン、糖分、塩分など過剰摂取に注意が必要です。

緑黄色野菜、海藻、きのこ類、大豆、魚、お茶、お酢などを、食事にバランス良く取り入れましょう。

暑くなると息切れしやすくなります。
ゆっくり吐き、肺の空気をすべて吐き切るようにしましょう。
呼吸は、先に吐くことが大切です。全部吐き切り、肺の隅々の酸素を入れ替えます。

太陽にあたることで丈夫な骨がつくられます。
紫外線対策をしながら一日一回は日を浴びましょう。
焦らずにゆっくり体力づくりをおこないましょう。

 

PAGE
TOP