Phytotherapy Home Spa Lawa

季節のプラン

雨水 2/19~3/4 頃

季節のSPA MENU

ハンドケア

手(指先・手の甲・手の平)~腕(肘下・二の腕)を中心にお好きな箇所と組み合わせて施術をおこないます。

手のトリートメントでは、爪まわりのツボ押しを取り入れます。

爪まわりを刺激する爪もみ療法は、自律神経を整え、免疫力を高めるといわれます。

〇主に手や腕に疲れがある方へ

〇季節の変わり目に免疫力を高めたい方へ

〇モチベーションを高めたい時に

定価          60分 7,700円
【 特典 】 
初回        60分 5,000円
リピーター価格   60分 5,500円
(3ヶ月以内にご利用のお客様へ)

 

Home care 〗
ネトルのハーブティー
和名:セイヨウイラクサ

この季節は、ネトルのハーブティーがおすすめです。

花粉症などのアレルギー予防、体質改善に飲用されます。

フラボノイド、クロロフィル、ビタミン、ミネラルなどが豊富に含まれます。

ドイツでは春先のアレルギー予防に飲用され、それを『春季療法』と呼ばれます。

 

 

二十四節気

雨水 うすい  2/19~3/4 頃

寒気がゆるみ、降る雪が雨となり、積もった雪が溶けて水になる頃。

奈良の若草山、京都の大原、山口の秋吉台など、春の風物詩として野焼きがあります。
これらの行事も雨水におこなわれているそうです。

この時期は新しくスポーツを始める、または準備や計画を練ることがおすすめです。

爪に変化が表れやすい時期です。人身小天地というように、身体は宇宙そのものです。
身体の隅々まで愛を届けるよう自分の体を丁寧に扱うことは、宇宙の端まで愛を届けることに繫がります。

春は目と関係が深い時期になります。目の周りの神経のリラックスが大切です。

目の周りを指先で軽くタッピングしてみましょう。

体を温め、深呼吸をしながら体の筋肉を伸ばしましょう。
朝日を見ながらのヨガは心地良い一日の始まりにおすすめです。

立春 2/4~2/18 頃

〖 季節のSPA MENU 〗

うるおいフェイシャル

保湿力を高めるフェイシャルです。スチームで毛穴を開き、汚れをおとします。
パック3種類をとりいれ、うるおいをお肌の深部までとどけます。
デコルテ、肩首トリートメント付きです。

〇お顔の乾燥が気になる方へ

〇たるみが気になり、リフトアップをしたい方へ

〇表情がかたくなりがちな季節に


定価          60分 7,700円
【 特典 】 
初回        60分 5,000円
リピーター価格   60分 5,500円
(3ヶ月以内にご利用のお客様へ)

 

〖 Home care〗
ハイビスカスとローズヒップのハーブティー

植物酸(クエン酸、リンゴ酸、ハイビスカス酸)を多く含むハイビスカス

ビタミンCを多く含むローズヒップ

2つのハーブの作用で、疲労回復力を高めます

感染症、炎症など、ビタミンの消耗時にも適しています

他にも風邪の予防、便秘の改善、日焼けの予防など良い働きを得られます

春先から夏に向けての飲用が特におすすめです

 

 

〖 二十四節気 〗

立春 りっしゅん 2/4~2/18頃

旧暦では、この季節から新しい1年が始まります。

立春を過ぎて最初に吹く強い南風を春一番といいます。

うぐいすは、春告鳥とも呼ばれ、春の兆しを告げます。

太陽に手を合わせ自然に感謝し新しい年を迎えましょう。

これから成長が始まる大切なときです。

より健全で大きな夢に向かって羽ばたきはじめましょう。

青春という言葉がありますが、春は青と関係が深い季節です。

青色を身に付けてみましょう。

青はものごとのスタートや、これからの成長という意味合いもあります。

青春は若い人のものだけではありません。

60の手習いという言葉があるように、人生100年くらいで計画を立て、

新しいものごとに挑戦してみましょう。

この季節は、目と繫がりがある季節です。

テレビやスマートフォンの光から離れる時間を持ち、

目の前の景色、自然な色を目にするよう心がけましょう。

時には目を瞑り、脳へリラクゼーションを与えましょう。

苦手な場所、人、環境などは無理せずに距離をおくことも大事です。

こころを平穏に保つことが大切な時期といわれます。

PAGE
TOP